スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうか命の炎が消えないように・・・

今にも消えそうな炎がある

関わりたくないと 背を向ける人がいる

最後まで諦めない人がいる

どちらの人が正しくて どちらの人が悪いと言うつもりはない

ただ  私は 出来るならば 後者の者でいたい・・・

今はただ  消え入りそうな魂が 頑張って光り輝いて欲しいと祈るだけ

頑張れ・・・死ぬために生まれてきたなんて辛すぎる  

スポンサーサイト

預かり再開しました(笑)

暫くぶりに預かり再開・・・・・ただいま子猫2匹に加え チワワとトイプーさん御一行お泊り中
我が家は ぐっちゃぐちゃ(爆)

まず早く出したい御犬様達
恐がり 鳴かない 雌のチワワちゃん 推定 6~7歳 トイレの躾は出来てないけど
静かなんで 割とそこにいたん???みたいな子

2015060223390000.jpg

出産させられてたんで歯がなくて舌が出っぱなし 愛嬌抜群(笑)

お次の僕ちゃん  迷子で施設に入ってたのをレスキューした
わんにゃんこさんはじめ 頑張ってる団体さんすごいね 尊敬です
預かりさんがいないから 我が家に回ってくるのは悲しいけどね

ブラックの大きめトイプーさん 1~2歳 もう元気元気
ちゃかちゃかしすぎて我が家の犬に〆られてますが・・・・知らんぷり
若い子は人間も犬猫も疲れます BBAにはちと しんどい
j_20150628220622a6b.jpg

素敵なご縁がありますように

悲しいけれど

昨日7年前に一人暮らしのおばあちゃまに譲渡したパピちゃんが虹の橋を渡ったとの連絡をいただきました
この子は繁殖リタイヤ犬でとても性格の良い子でした
先住には気の強いポメちゃんがいたのですが折り合いもよく 時々「こんな良い子をありがとう」との連絡を頂くお付き合いをしていただいていました

一人暮らしのお年寄りに譲渡は他のボランティアさんはよほどのことがない限りお断りの部類に入ると思います
でも 一人暮らしの方こそ話し相手が必要なこともありかなとも思います  これは私個人の考えですけどね

犬や猫がいるだけで笑顔になれるのに・・・・

パピちゃん心不全だそうで当日は下に降ろすと飼い主さんに手を出して抱っこをせがんだそうです
飼い主さんも夕食も食べずにずっとパピちゃんを抱っこして優しく撫でてあげていたそうです
午前2時飼い主さんの腕の中で静かに息を引き取ったそうです

その光景が浮かび泣きそうになるのを必死でこらえお話し伺っていました
繁殖犬として生きてきたパピちゃんが 最後には本当に幸せだったとおもいます
飼い主様も幸せだったと・・・お互いが幸せだったと思える関係 譲渡してよかったです
悲しいお話でしたが なぜかほっこり出来ました

譲渡後色々その後をお知らせいただく方がいます
本当に幸せになれます ボランティアしてるとクレームもいただきます
心折れるときもあります でも こんな幸せな飼い主様たちとめぐり合える子達を一匹でも多く・・・・
それがわたしの活力となっていきます

まだまだ 沢山の子が家庭を求めています がんばらなきゃね
パピさんいい飼い主様で幸せだったね 

里親募集しとります

久しぶりに 里親活動を開始しました

ブリーダー引退犬なんで 色々な考えをお持ちのボランティアさんもいると思いますが
同じ命と考え 私はブリーダー引退犬を専門として 出していくことにします
飼い犬の引取りとか 保健所からの子は わんにゃんこさんやわんにゃんプロジェクトのみなさんに
お任せしたいと思います

ブリーダーの子達もワクチン代金は負担いただきますし 避妊確約をしていただくこと
条件等は 他のこと同じです  愛情を受けていてもその子だけとかではないので トイレの躾がされてない子
ばかりです 愛情の出し方を知らない子もいます
それでもいいと言ってくださる方を 募集対象とさせていただきます

ホワイト トイプードル メス 5~6歳 ゆいちゃん

体重3キロ弱の小ぶりな子です  めちゃくちゃふれんどりーな良い子です
トイレもシートで出来ますが 完璧ではありません
じっくりと 躾をしていただける方を希望します  ブリーダー引退犬ということをよく理解していただける方を希望

13.jpg

クリーム ロングチワワ メス  5~6歳  まりちゃん
体重は 3~4キロ  怖がりです 抱っこされてたらずっとそのまま固まってます(笑)


11.jpg



このような2匹です  この子達の心のケア ふくめ 理解していただける方 募集いたします
ワクチン代金 ご負担いただきます    落ち着いたら必ず 避妊手術していただきます
本当なら 避妊手術後のお渡しになると思いますが トライアル後 よくお考えいただいてからの手術とさせていただきます ただし 必ず 手術した確認はさせていただきますのでご了承願います
これ以上繁殖としての役目はさせません 家族の一員として可愛がっていただける方を募集させていただきます

naochan614@yahoo.co.jp までお問い合わせください
必ず 家族構成 簡単な住所 お書き添えください 個人情報でお書きいただけない方みえますが
里親募集j外に住所などは使いませんし こちらを信用していただける方にさせていただきます



家族増殖中(笑)

去年は体調壊して入退院を繰り返してたな
皆さんも定期健診はしてくださいね

j.jpg


さてさて2度目の入院が明日に控えているという昨年の7月 朝から駐車場で子猫の鳴き声が。
子猫だし捕まるわけがないと 外に行き 真っ黒の子猫に手を出したら・・・逃げることなく見事に御用となりました
捕まえた私も目が点  息子たちも固まる  どうしよう????
「お前が捕まえたんやから責任もったら?」と冷ややかな反応   とりあえずお世話になってる北川動物病院へ
と・・・ここで名前がないことに気づく・・・ 子供に相談(しなきゃよかった・・・・)


我が家の先住猫(桑名の崩壊現場出身) 名前は にゃむさす 漫画の中の猫様
息子 「にゃむさすの従兄弟にジョセフィーヌが出てくるからそれで・・・・」
私 「どう見てもジョセフィーヌって顔やないし・・・」
息子 「明日から面倒見るの俺たちやし(どや顔)」
ジョセフィーヌに決定   受付の子に小声で名前を告げる彼女は大きな声で「ジョセフィーヌちゃんひらがなですか?カタカナですか?」と聞く 「カタカナで・・・・悪いけど名前呼ばんといてくれる?理由は診察室でわかるから」と伝える

健康状態良好 エイズ 白血病クリア   先生が「僕はジョセフィーヌって良いと思いますけど」とフォローする
私「その名前から黒猫想像できますか?」って聞き返したら  先生「・・・・・・」自爆した (爆笑)
名前はともかく
呼べば膝の上に乗ってくる人懐っこい子です  実家の母が 黒猫は魔よけとも言うからと慰めのようなお言葉を・・
白子産黒猫 ジョセフーヌ 我が家の仲間入りとなりました

東北地震犬猫レスキュー

プロフィール

lita614

Author:lita614
三重県で保護された犬猫の 新しい家族探しの
ボランティアをしています
保護犬、保護猫を迎えようとお考えの方は
下記メールホームよりお問い合わせ下さい

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。